美肌の秘訣は保湿から

皆さんはどんな時に、空気が乾燥していると実感しますか? 秋から冬にかけて空気も乾燥し始めますが、いつからという決まりがありませんね。 何月何日から乾燥しますという決まりもありません。

私の場合は、静電気でしょうか。 車に乗る時に、ビリっとくると、あ〜乾燥の季節がやってきたと実感します。

また、年齢を重ねるごとに皮膚で乾燥を感じる事も多くなってきます。 寒い時に外に出た時、皮膚に突き刺さるような感触を感じたことはありませんか?

これは、ある程度の年齢にならないとわからないことなのですが、 年齢肌、といわれるお年頃になるとわかると思います。

美肌、健康な肌でいるためには、とにかく保湿に重点を置くことです。 ただでさえ乾燥する条件がそろっている季節なので、 いつもよりも保湿を意識していたいですね。

季節や、年齢に応じてそれに合った化粧品を使い分けることも美肌作りのポイントです。 夏はさっぱりタイプの化粧品を使っている人でも、 冬はしっとりタイプの保湿を重視したものに切り替えていきましょう。

特に乾燥していると感じた日には、いつもより念入りに パックなどをしておくのもいいですね。

洗顔の時にも、注意が必要です。 冬場は寒くなるため、お風呂の温度も少し高めに設定していると思います。

カラダを温めるには効果的ですが、洗顔の時は熱いお湯で洗ってしまうと 必要な皮脂まで洗い流してしまうので、顔を洗うときはぬるま湯を使いましょう。 特にお風呂上がりは、すぐにでも水分補給をしてあげましょう。

ここで見落としがちな、保湿ケアのポイントを紹介しておきます。 女性はどうしても手足が冷えてしまいがちですね。 足は靴下をはくことで、多少保温もできますが、手は常に出ている状態です。

家の中で手袋をしているのもいいのですが、なかなかそういうわけにも行きませんね。

スキンケアをする時の手の温度を意識したことはありますか? 手が冷たいまま化粧水などを付けてしまうと、浸透力を低下させてしまいます。

特に手が冷たい人は、スキンケアの前に手をこすり合わせたり、 ぬるま湯につけて手を温めてからケアすると、 保湿効果もたかまるので、スキンケアの時の手の温度も意識してみましょう。

ページの先頭へ